対向車が飛び出してきた正面衝突

自動車と自動車が動いている状態での交通事故というのは後ろからの玉突き事故でない限り、双方に過失があるということになります。
過失割合については、交通事故が起きた当時の状況を確認した上で警察での実況見分を行い、その後に事故証明書類を発行してから、保険会社が決めることになりますが、ここで納得がいかなければ弁護士を立てて過失割合について話し合いを持つことができます。

まずは徹底的に過失割合をしっかり話し合っておかないとその後の保障問題についても納得のいかない事だらけになってしまいますから、ここで諦めてはいけません。
また過失割合について、前述の通り自動車同士が動いている状態であればどちらにも過失があることになりますが、例えば対向車が反対車線に飛び出してきて、その瞬間に正面衝突を起こしてしまったという交通事故の場合には、避けようがありませんから、自分が運転していた車や運転の方法にやむなく、特に過失などは認められないケースがあります。

もちろん前方不注意などといった最低限の過失は決まってしまいますが、それでも1割から2割程度でしょう。
その他に関しては反対車線に飛び出してきた対向車が明らかに悪くなりますから、対向車に対してほとんどの過失が決定するようになっています。
しかしながら対向車としては、どんな理由であれ、自分自身が反対車線に飛び出してしまったことを何とか理由をつけて少しでも自分の過失を少なくしようとするので、このような部分で加害者および加害者側の保険会社に負けてはなりません。

対向車線に対向車が飛び出してきてからある程度時間がたった状態でぶつかっているのであれば、こちら側にも避けることができたのだという意味で過失割合が増えてしまうケースもありますが、反対車線に飛び出してきた瞬間での正面衝突であれば上でも書いたようにどう考えても避けることはできませんので、このようなケースでは、やはり飛び出してきた車にほとんどの過失が決定します。
交通事故というのは状況だけではなくタイミング次第でも過失割合が変わってくるのですが、このようなタイミングについて、加害者側がなんとかうまく言い訳をして逃れようと思っているようであれば、早い段階で弁護士を立ててしっかりと実況見分や事故証明書類について確かめた上で最終的な過失割合を決めるようにしましょう。

あくまでもこちらはセンターラインを超えないことが大切

上記のような正面衝突では対向車が飛び出してきてからどれだけの時間が経過して正面衝突が起きたのかという部分も重要ですが、それだけではなく、自分自身の運転する車がセンターラインを超えていなかったということが最も重要になります。
自分の車がセンターラインに近ければ近いほど交通事故が起きる状況に近づいてしまいますので、このような事故を防ぐため、または万が一このような事故が起きた時に自分の過失を少なくするために可能な限りセンターラインからは離れて運転していた方が良いと言えます。

例えば双方で弁護士を立てた上での過失割合を決定する話し合いになると、こちら側としてもセンターラインに近づいて運転をしていなければこんなに大きな事故にはならなかったなどという理由によって過失割合が変わってきてしまうことがあります。
過失割合については、警察は不介入となっていますので、警察が決めることはできません。
そのため納得がいかなければ弁護士さんにお願いしながら話を進めていくことになりますが、加害者側に敏腕弁護士がついてしまうと、このような部分でも突っ込まれることがありますからどんなときでもセンターラインからは比較的離れたライン取りをしながら運転している必要が出てきます。

それでもやはり明らかにセンターラインから飛び出した対向車が悪いので、もちろん対向車が加害者となりますが、こちらの過失がある程度大きくなってしまうと、過失相殺を行った上での保障ひついて納得のいかないものになってしまいますから徹底的に抗議した方が良いといえるでしょう。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません