バイクの違反者との事故について

自動車とバイクが交通事故を起こしてしまった場合には原則的に車のドライバーが加害者となってしまうことがほとんどです。
バイクに比べると、自動車の方が車両そのものが大きく稼働力も強いということから車のドライバーの過失が大きくなりますが、バイクが明らかに違反行為をしていたという場合には、この過失割合もさほど差のないものとなり、お互いに過失相殺をすると被害者となるバイクのドライバーは加害者側から思ったような保障が受けられないというケースがあります。

違反行為をしていればその分過失があると判断されることになる

例え車のバイクの事故であっても、バイクの運転手自身が違反行為をしていたのであれば当然ながらそれだけ過失は大きくなります。
加害者が自動車ということでも、自動車側にほとんどの違反は認められず例えばバイクが反対車線に飛び出して走っていたり、2人乗りをしてはいけない道路で2人乗りをしているといったケース、またこの他にもバイクが明らかに信号無視をして交差点に突然突っ込んだなどという場合には、車とバイクの過失そのものがさほど違わないので最終的に過失相殺をするとバイクの修理費用や自分たちの怪我の治療などをはじめとして、加害者となる自動車のドライバー側からはあまり保障が受けられないということもあります。

双方で保険会社を入れている場合であっても無保険でいる場合であっても、このような過失については実際にこれまで多くの交通事故などでもわかるとおり、違反運転をしていればしているほどにバイクに過失があると判断されることがほとんどです。
当然ながら自動車も動いている状態であれば双方に過失がありますが、それでも一般的な自動車とバイクの事故に比べると、違反をしていた事故の場合にはバイクの過失が大きくなるため一方的に自動車側が完全な加害者だと主張していくのは難しいと言えます。

過失割合については充分考慮しなければならない

このような事故が起きてしまった際には警察呼んで実況見分を行った後で事故証明書が発行されることになります。
双方の保険会社などを通じながら過失を決めていく際に自動車のドライバーとしては納得のいかない部分がたくさん出てきてしまうことになります。
自分は違反をしていないにもかかわらず違反をしていたバイクが悪いということになりますので、車にもたくさんの過失があると言われてしまうのは不毛な結果といえるでしょう。

どうしても納得がいかない場合には弁護士さんなどに相談しながら自分の過失そのものはさほど多くないはずだということをしっかり主張するようにしましょう。
事故証明書があればバイクはどのような運転をしていたのかということは一目瞭然になります。
明らかに違反をしていた場合であれば車よりバイクの方が過失が大きくなるようなケースも考えられるでしょう。
絶対に車のほうが大きな過失というわけではありませんので納得ができるまでとことん話し合いを進めた方が良いです。
特にバイクの運転などに関してはマナーが悪いと言われている部分もあり、バイクのドライバーがどのような違反行為をしていたのかによっても過失割合が変わってくるものとなっています。

またバイクのドライバー側としては、自分が違反行為をしていたことがきっかけで事故につながっていますので、加害者に対して全ての責任を負えなどと言うことはできず、最終的な過失相殺で思っていた以上の保障が受けられなかったという場合でも仕方がないと諦めるしかありません。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません